倉庫では在庫管理をするために色々な工夫をしている

必要な物が管理されていれば探さずに済む

倉庫と言えばどんなイメージをお持ちでしょうか。皆さんが倉庫に入り買い物をすることはまずないでしょうが、倉庫の中にはとても大量の在庫が管理されているのです。自宅で使うものや自分の部屋に置いてある私物も何処に何があるのか分からないような乱雑さが見られるなら、是非とも整理してみてはいかがでしょう。洋服タンスや机の引き出しがしっかり整理整頓してあれば、いざという時に探したりして時間を食うこともないのです。倉庫では在庫の管理が第一と言えます。


整理や定置管理にはロケーション管理

他人の机の引き出しには何が入っているのかは分かりません。どこに何があるのかを誰にも教えていなければ、探すことはとても困難でしょう。倉庫内には持てないくらい大きな部品もあれば、落としたら見つからなくなってしまうような小さな部品もあります。部品や製品の形状、大きさ、在庫数によって管理の仕方も違ってきますどんな作業者でも入出庫出来るように、ロケーション管理という方法を使い多くの倉庫は在庫の管理をしているのです。


数字の羅列は間違いやすい

ロケーションというものを簡単に説明すると、商品を管理している場所を指し示す住所と言えます。住んでる住所が分からなければ手紙を届けることが出来ないのと同じです。広い倉庫では、出荷するための商品をまず出庫する訳ですが、その商品が置いてある場所に1-5とか1-6などと数字を使って管理する方法が一般的と言えるでしょう。品種を多く取り扱う倉庫ほど1-10-1001などの大きい数がつきますが、数字の羅列は見間違えが発生するため、AやBなどのアルファベットも使うことがあります。



倉庫は、様々なサイズの商品をひとまとめにしておくことができ、温度や湿度などにも気を使うことが望まれます。